目的
共同投資枠組みを通じて、主にロシア企業に投資し、日露経済協力を発展させていきます。

概要

Russia-Japan Investment Fund (RJIF)は、日露経済協力の発展に寄与する企業及びプロジェクトに投資し、リターンを生み出すことを目指す投資ファンドです。

RJIFは、両国政府系金融機関であるロシア直接投資基金(Russian Direct Investment Fund; RDIF)と株式会社国際協力銀行(Japan Bank for International Cooperation; JBIC)の子会社である株式会社JBIC IG Partnersによって、2017年8月に設立されました。

RJIFは、RDIFとJBICから総額10億米ドルのコミットメントを得て、RDIFと共同で投資を行っていきます。

RJIFは両国の経済協力を深化させるような投資案件に注力していきます。

注力分野
健康寿命の伸長
快適・清潔で住みやすく、活動しやすい都市作り
中小企業交流・協力の抜本的拡大
エネルギー
ロシアの産業多様化・生産性向上
極東の産業振興・輸出基地化
先端技術協力
人的交流の抜本的拡大
また、RJIFは上記分野に限らず、両国経済に資する投資案件も検討します。
金融商品取引法に基づく広告等における表示事項

RJIF General Partner Limited(以下「当社」といいます。)が提供する業務に関して、お客様は所定の手数料、報酬及び諸費用等をご負担いただく場合があります。

また、当社が取り扱う各金融商品には、関連する特殊リスクがあり、国内外の政治・経済・金融情勢、為替相場、株式相場、商品相場、金利水準等の市場情勢、発行体等の信用力の変動により、多額の損失または支払い義務が生じるおそれがあります。

金融商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、当該金融商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客様向け資料をよくお読みください。

  • 当社の商号:RJIF General Partner Limited
  • 当社は、RJIFに係る自己募集業務及び自己運用業務について、金融商品取引法第63条第2項に基づき、適格機関投資家等特例業務の届出を行っている特例業務届出者です。
適格機関投資家等特例業務届出者による情報開示

届出者名:RJIF General Partner Limited

・適格機関投資家等特例業務に関する事項(金融商品取引法第63条第6項)(別紙様式第20号の2)[PDF]

・説明書類(金融商品取引法第63条の4第3項)(別紙様式第21号の3)[PDF]